未来共生災害救援マップ(略称:災救マップ)

ホーム > 災救マップ連携アプリ

災救マップ連携アプリ


スマートフォン用に、Android版アプリ、iPhone版アプリとマニュアルを公開しました。
今後、津波浸水域の表示等を追加するなど、さらに開発・改善を進めます。

  • 未来共生災害救援マップ
    • iPhone版: ダウンロード
           App Storeで「災救マップ」を検索してアプリをダウンロードします。
    • Android版: ダウンロード
           Google playのアプリで「未来共生災害救援マップ」を検索してアプリをダウンロードします。
    • マニュアル: PDFファイル

アプリの説明と利用に関して

 iPhone版、Android版、どちらもNABLA ZEROが提供しておりますが、無料です。

 アプリ起動と同時に、GPS機能により、現在地周辺の避難施設が表示されます。平常時は地図としてもご利用頂けます。また、近隣の避難所や宗教施設の場所を確認することにもご利用いただけます。

 大災害時に、ご自身が避難所や宗教施設に避難した時に、避難施設アイコンをタップし、自分で救援要請メッセージ(被災状況、「コメント」、「投稿者連絡先」)を発信できます。

 被災状況が登録されると施設アイコンの周辺に各色の■が表示されます。その■をタップすると、「コメント」や投稿者の連絡先が表示されます。投稿された被災状況はSNSへ発信することもできます。

 スマホアプリ「未来共生災害救援マップ」は、パソコン版の未来共生災害救援マップ(http://www.respect-relief.net)と連動しています。アプリへの投稿は、パソコン版の災救マップにも表示されます。このような情報発信により、行政やNGO、NPO等の支援組織は、施設の被災状況を確認でき、必要があれば、支援を求めている人とも連絡がとれるようになります。

 なお、発信情報は10日で自動的に表示されなくなります。災救マップで提供する情報、あるいは利用者様により投稿された情報に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれることをあらかじめご了承ください。また、アプリに投稿された発信情報は10日が過ぎると非表示になりますが、被災 状況や救援状況によっては、投稿された写真を含めた被災状況を継続表示する場合があります。本サイト停止、欠陥及びそれらが原因となり発生した損失や損害については、一切責任を負いかねます。