未来共生災害救援マップ(略称:災救マップ)

ホーム > 災救マップについて

災救マップについて

 未来共生災害救援マップ(略称:災救マップ)は、全国の避難所および宗教施設あわせて約30万件のデータを集積した日本最大級の災害救援・防災マップです。「災救マップ」は、防災の取り組みを通して、自治体、自治会、学校、寺社・教会等の宗教施設、NPOなどによる平常時からのつながり、コミュニティ作りに寄与し、災害時には救援活動の情報プラットフォームとなることを目指しています。

 東日本大震災の被災地では、数百人単位で避難者を受け入れた宗教施設が多数ありました。
「災救マップ」の前身である「宗教者災害救援マップ」には、そのような緊急避難所と被災した宗教施設のデータが約2,000件ありますが、そのデータも「災救マップ」に取り込みました。

 同じ地域の避難所および宗教施設で、水・食料の備蓄品の消費期限を数か月ごとにずらして設定し、消費期限が近づいたらフードバンクなどへ寄付して、また新しい備蓄品を購入するといった連携のプラットフォームにも「災救マップ」は使用できます。

 大災害が起きれば、連携して水や食料の融通をし、また外部からの救援者は「災救マップ」のデータをもとに、物資の状況や救援活動の拠点情報を把握し、連携しながら救援活動を行います。

 自治体や宗教施設等のご協力のもとに、順次、備蓄情報なども拡充していきます。無料ですので、地域の防災の一助として是非ご利用ください。

 未来共生災害救援マップは、RESPECT(大阪大学 未来共生イノベーター博士課程プログラム)、および科学研究費補助金・基盤研究A「宗教施設を地域資源とした地域防災のアクションリサーチ(http://relief-map.jimdo.com/)」によって運営されています。以下の規約をお読み頂き、同意された場合のみご利用いただけます。料金やダイレクトメールなどの義務が発生することはありません。ただし、インターネット接続にかかる費用等については各個人でご負担ください。データの登録および閲覧は自由に行うことができます。携帯端末からでも利用可能です。

 本サイトの管理に全力をあげておりますが、本サイトの閲覧や情報収集は、以下の点にご留意のうえ、利用者ご自身の責任において行っていただくよう、お願いいたします。本サイトで提供する情報、あるいは利用者様により投稿された情報等については、RESPECTはその合法性や道徳性、著作権の許諾について細心の注意を払って掲載しておりますが、その閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとし、RESPECTはいかなる責任も負いかねます。本サイトで提供する情報、あるいは利用者様により投稿された情報に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれることをあらかじめご了承ください。RESPECTはその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いかねます。

 本サイトの利用者様と第三者との間でトラブルが発生した場合は、当事者間で解決を図るものとします。また、当プロジェクトは本サイトで提供するサービスの品質についてはいかなる保証も行っておらず、本サイトの停止、欠陥及びそれらが原因となり発生した損失や損害については一切責任を負いかねます。

                     

【リンクについて】

 当サイトにリンクを設定する場合は、その旨eメールまたは文書にてRESPECTまでお知らせください。その際、お名前、御連絡先、リンクを設定するウェブサイトのURLを明記してください。 なお、ウェブサイトの内容やリンクの方法によっては、リンクをお断りすることがあります。

                     

【プライバシーポリシー(個人情報保護方針)】

  • 個人情報の管理
  •  RESPECT(大阪大学 未来共生イノベーター博士課程プログラム)は、ユーザの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

  • 個人情報の利用目的
  •  利用者様からお預かりした個人情報は、RESPECTからのご連絡やご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

  • 個人情報の第三者への開示・提供の禁止
  •  RESPECTは、利用者さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。

    • 利用者様の同意がある場合
    • 利用者様が希望されるサービスを行なうためにRESPECTが業務を委託する業者に対して開示する場合
    • 法令に基づき開示することが必要である場合
  • 個人情報の安全対策
  •  RESPECTは、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

  • ご本人の照会
  •  利用者様がご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

  • 法令、規範の遵守と見直し
  •  RESPECTは、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

    ※なお、「災救マップ」は、大阪大学・未来共生イノベーター博士課程プログラム(文部科学省による採択プログラム)の一環として構築しました。30万件ほどの施設データを管理する高度なIT技術等は、独立行政法人防災科学技術研究所の取り組みに幅広く協力している株式会社ナブラ・ゼロが提供しています。

    RESPECT:大阪大学 未来共生イノベーター博士課程プログラム