ホーム > 活動案内・報告 > 活動報告 > ハワイ大学研修「Philosophy for Children in Hawaii(p4c Hawaii)」への参加のご報告

活動報告

ハワイ大学研修「Philosophy for Children in Hawaii(p4c Hawaii)」への参加のご報告

[写真1]ハワイの綺麗な海。

[写真2]「未来共生の哲学と諸課題」の授業の様子(2013年度)。円になって座る。

 2014年2月13日から23日の10日間、本プログラム履修生5人と教員(TA含む)4人の9人で、ハワイ大学を中心に小・中学校、高校を訪問し多文化を尊重する哲学教育プログラム―p4c Hawaii(後述)―を実地調査してきました。

 本プログラム一年次に「未来共生の哲学と諸課題」(担当教員:本間直樹コミュニケーションデザイン・センター准教授、平沢安政人間科学研究科教授、高橋綾コミュニケーションデザイン・センター招聘教員)という授業があります。各研究科に属しそれぞれに関心をもって「未来共生」にかかわり始めた履修生にとって、フィールドや現場で経験したこと、考えたことを共有する場、自分と異なる人びとと対話する場はとても重要です。この授業では、共生と哲学を実践するために必要な「セーフティ」について学んでいます。参加者は一つの円になって座り、カラフルな毛糸のボール(コミュニティボールと言います)を手にしながら話をし、また他者の話に耳を傾けます。

 今回のハワイ大学研修は、この哲学の授業のスタイル―子どものための哲学 Philosophy for Children in Hawaii(p4c Hawaii)―を実地調査、体験することが目的でした。p4c Hawaiiの創始者でありハワイ大学教員のトーマス・ジャクソン教授(Dr.J)のコーディネートで、p4cをカリキュラムに取り入れている小学校や中学校、高校を訪問し、授業を見学しました。また、ジャクソン教授が所長を務めるハワイ大学上廣哲学倫理教育アカデミー(Uehiro Academy for philosophy and Ethics in Education)教員チームとのワークショップにも参加しました。

 日本からのわたしたちとジャクソン教授、そしてUehiro Academy教員チームとの対話のなかで出された問いや発言が、今回の研修における「探究」の入り口となりました。たとえば、ジャクソン教授からの問いかけ――「教育と学校教育の違いは何だろう?」「小さい頃、教師があなたに期待したことは何だった?それに従えば、あなたは“成功”したことになる?」など――は、どれも思いがけないものばかりですぐには答えられません。しかし、ハワイスタイルの中でゆっくりと自分の経験を振り返り、対話をしていくことができました。新しくつくったコミュニティボールを手に、言語、年齢、性別、背景、経験、考えの異なる者で共有していくプロセスが始まりました。「セーフティ」を、わたしたちは研修の中で「体験」「感じた」と言った方がふさわしい経験でした。

   [写真3]履修生とトーマス・ジャクソン教授。          

[写真4]コミュニティボールを作りながら、自己紹介を行い、対話が進められていく。

[写真5]ワイキキ小学校にて。

[写真6]全員で記念撮影

 今回の研修では、P4Cや対話に加えて移民社会であるハワイの文化や歴史、スペシャルニーズをもつ子どもへの教育、多文化な子どもたちへの教育など、履修生それぞれの研究関心にしたがって学校現場や大学教員に質問をしたり授業を見学することができました。また、休日にはチャイナタウンやビショップ・ミュージアムを訪問し、ハワイの歴史や文化を学ぶこともできました。今後、哲学の授業以外でも未来共生のプログラムにP4Cの実践を取り入れていきたいと考える履修生がいたり、専門とする研究領域のヒントになったという履修生もいたりと、実り多いハワイ大学研修となりました。
 以下、履修生 趙孝川さん(国際公共政策研究科)の感想です。

P4C Education In Hawaii: He Is Thinking, Isn’t It Beautiful?

   As a group from RESPECT, we had a wonderful trip in Hawaii in February, 2014. Not only for the beautiful beach, the delicious food, the friendly people, but also for what we leant from P4C (Philosophy for Children). Based on the premise that philosophy comes naturally to children who wonder about lots of things, and that the very process of inquiry holds valuable lessons for becoming good thinkers, P4C is quietly changing the traditional classrooms across the USA. The opportunity to ask questions and ponder their answers in an intellectually safe environment is exactly what Dr. Thomas Jackson (aka “Dr. J”) dose each week, when he sits down with teachers and their students at Waikiki Elementary School. Thanks for the help of Dr. J, we got the chance to visit the local elementary school, middle school, high school and the university in Waikiki, and participated in their P4C class.
Hawaii is known as an immigrant society, in which over 30 different languages are spoken in this small island. Therefore, how to understand and respect each other was, and is a big issue for the local people with different culture background. I think P4C provides us an equal opportunity to talk, to know, to share, and to learn among different ideas and thoughts, so it can be variously used in a multi-culture society. All you need to do is sitting down, speaking out the voice from the deep heart. I will never forget the scene that African kids, Caucasian kids, and Asian kids were sitting around and discussing “why we have to speak different languages “. Because at that moment, they are so happy and creative. “This is what education should be”, I said to myself. We also did P4C class with Dr. J’s students several times in Hawaii University. Every time I listened to others, every time I refreshed myself. The open-minded atmosphere makes our discussion deeper and deeper. And I begin to consider the question that I never thought before, like “what is the difference between schooling and education”.
With a huger passion, Dr. J has been working on P4C education for 30 years since 1984. He linked the resources of the University of Hawaii at Manoa with those of the Hawaii State Department of Education to help students understand why they think the way they do. Also he went to many countries to introduce his study, so P4C has been accepted by more and more schools and teachers. Whenever talking about P4C, there are always confidence and hope on this face. He believes everyone could be a thinker, or even philosopher, so everyone’s talk should be listened and respected. Let me finish this letter with Dr.’s words: “Look, he is thinking, isn’t it beautiful?”
                                    趙孝川(国際公共政策研究科)

 

 

(2014年4月8日, 今井)

« 活動報告 一覧へ戻る