ホーム > 活動案内・報告 > 活動報告 > プロジェクト・ラーニング(「未来架橋プロジェクト」班の報告)

活動報告

プロジェクト・ラーニング(「未来架橋プロジェクト」班の報告)

 「未来架橋プロジェクト」班(長澤、井筒、坂口)からの報告です。「未来架橋プロジェクト」班は、岩手県野田村にある大阪大学の野田村サテライトを拠点として活動しました。野田村サテライトでは特に人間科学研究科の渥美公秀先生が中心となり、東日本大震災の月命日である毎月11日にセミナーが開かれていますが、「未来架橋プロジェクト」班はそのセミナーの第12回(2014年2月11日)、第15回(2014年5月11日)、第18回(2014年8月11日)を担当しました。以下、それぞれのセミナーの報告です。

※大阪大学 未来共生イノベーター博士課程プログラム 岩手県野田村サテライト・ホームページの報告書の再掲です。

   
第12回セミナーのチラシ
PDFファイル
 
第15回セミナーのチラシ
PDFファイル
 
第18回セミナーのチラシ
PDFファイル

第12 回大阪大学野田村サテライトセミナー(子どもコース)「野田村サテライトへ行ってみよう」

 2014 年2 月11 日、大阪大学未来共生イノベータ―博士課程プログラムのもと開設された「大阪大学野田村サテライト」にて、「第12 回大阪大学野田村サテライトセミナー:野田村サテライトへ行ってみよう(子どもコース第3 回)」を開催しました。本セミナーの目的は地域の子どもたちとの交流であり、今回、小学生以下の子どもをサテライトへ招き、方言かるた大会(岩手弁・関西弁)、「FM のだむラジヲ」体験、たこ焼き屋台体験、3 つの内容からなる参加型セミナーを実施しました。

 今回のセミナーには、22 名の小学生以下の子ども、3 名の保護者を含む地域の方、計25名の方々が参加してくださいました。遠隔教育システム「ハイパーミラー」を新たに導入・使用し、大阪大学との交流型中継の実施も実現しました。

 約2 時間にわたるセミナーは、方言かるた大会(岩手弁・関西弁)で幕を開け、次に「FMのだむラジヲ」体験、そして最後にたこ焼き屋台体験をもって終了しました。

 方言かるた大会では、岩手弁、関西弁で書かれた45 札のかるたを使用し、子どもだけでなく主催者も一緒に、遊びを通じて知るお互いの言葉の違いを楽しみました。岩手弁の読み札は地域の方に、そして関西弁の読み札は中継先の大阪大学の方に読んで頂きました。両地点の参加者が同じ空間にいるかのように見せられる「ハイパーミラー」の技術によって、空間を越えた交流の新しい形を垣間見ることができました。子どもたちは「ハイパーミラー」のカメラや映像に、強い関心を寄せておりました。

[写真1]方言かるた大会の様子

[写真2]方言かるた大会の様子

 次に、「FM のだむラジヲ」体験では、サテライト内に実際の機材を設置し、子どもたちはラジオ収録現場を体験しました。現地の方々によって開局準備段階にある「FM のだむラジヲ」に、子どもたちにも現時点から慣れ親しんでもらう場として用意しました。実際にマイクに向かって話しをたり、自分の声がラジオから聞こえてくる珍しい体験に、終始子どもたちは関心を示していました。また、本セミナーで収録された音源は、後日の試験放送の中で放送される予定です。

[写真3]「FMのだむラジヲ」体験の様子

 最後に、本格たこ焼き器と多様な具材を用いたたこ焼き屋台体験では、大阪名物たこ焼きに子どもたちは列を作り、美味しく食べてくれました。食を通した交流の場となりました。

 セミナー終了後、「2 時間があっという間だった、もっと遊びたい」「楽しかった」と話してくれる子どもの様子から、本セミナーが子どもたちにとっても楽しい場となったことが伺えました。地域の子どもとの交流という、本セミナーの目的に沿った内容であったかと振り返ります。地域の子どもたちとの、今後の継続的な交流に繋げていきたいと思います。

 「第12 回大阪大学野田村サテライトセミナー:野田村サテライトへ行ってみよう(子どもコース第三回)」も大変充実したものとなりました。野田村サテライトセミナーでは今後も様々なコースを設け、多くの方に参加していただけるセミナーを目指します。また、サテライトに導入されたシステムを存分に活用し、サテライトでの研究・教育に参加できるシステムをさらに充実させていきます。次回は2014 年3 月11 日です。

第15 回大阪大学野田村サテライトセミナー(子どもコース)「FMラジオってなんだろう?」

 2014 年5 月11 日、「第15 回大阪大学野田村サテライト出張セミナー:FM ラジオってなんだろう?(子どもコース第4 回)」を開催しました。大阪大学未来共生イノベータ―博士課程プログラムのもと開設された「大阪大学野田村サテライト」では毎月11 日にセミナーを行っていますが、今回はいつもと場所を変え、「のだむラジヲ」の試験放送と合わせるかたちで、盛岡市に本社を置く地ビールメーカーベアレン醸造所が主催する「ベアレンフェスティバルin 野田村」会場内(愛宕参道広場)にて開催しました。本セミナーは地域の子どもたちとの交流を目的としており、会場を訪れた子どもたちに「のだむラジヲ」について知ってもらい、放送に参加してもらう体験型セミナーを実施しました。

 今回のセミナーは、当日会場を訪れた保護者を含む地域の方々、また約30 名の小学生以下の子どもたちに「のだむラジヲ」について知り、関心を持ってもらう機会となりました。

 約4 時間のラジオ放送のあいだ、遊具やゲームがある会場の一角にラジオブースと受付を設置し、「のだむラジヲ」特製ステッカーの配布を行いました。興味を持ってくれた子どもたちには、ラジオに関するクイズ、インタビューの実施、生放送に参加してもらいました。初めはラジオに出るのは恥ずかしいと言っていた子どもたちも、自分の服に貼ったステッカーを嬉しそうに家族の人に見せたり、何度もブースに来てくれたりしました。一方で積極的に生放送に出演してくれた子もおり、将来の夢や、当日が母の日であったことにちなみ、大切なひとへのメッセージなどを話してくれました。参加してくれた記念に子どもたちには「のだむラジヲ」認定局員名刺を発行してプレゼントしました。

 個性豊かな子どもたちに対して、どのようにアプローチするかを考える機会となりました。大勢の人が足を運ぶイベントでの貴重な経験を、今後の子ども向けセミナーに生かしたいと思います。

[写真4]子どもたちがクイズに答える様子

[写真5]子どもたちがラジオブースを体験する

 また、ラジオでは野田保育所のご協力のもと収録させていただいた子どもたちによるお歌と、第13 回サテライトセミナー(こどもコース第3 回)での「ラジオ体験」の様子を放送しました。ラジオを通じて野田村の子どもたちの日々の様子や、大阪大学未来共生との交流の様子を地域へ届けることができました。

[写真6]ラジオブースと受付の様子

 「第15 回大阪大学野田村サテライトセミナー:FM ラジオってなんだろう?(子どもコース第4 回)」は出張という形でしたが、天候・機会に恵まれ大変充実したものとなりました。野田村サテライトセミナーでは今後も様々なコースを設け、多くの方に参加していただけるセミナーを目指します。また、サテライトに導入されたシステムを存分に活用し、サテライトでの研究・教育に参加できるシステムをさらに充実させていきます。次回は2014年6 月11 日です。

第18 回大阪大学野田村サテライトセミナー(復興コース)「のだむラジヲセミナー」

 2014 年8 月11 日、「第18 回大阪大学野田村サテライトセミナー:のだむラジヲセミナー」を開催しました。第18 回は、東日本大震災被災地における鎮魂と復興を願い開催された「Light Up Nippon2014」野田村会場にて、「のだむラジヲ」と連携した形での開催となりました。東日本大震災月命日そして「Light Up Nippom2014」の趣旨であるテーマ「復興」のもと、2 部構成のラジオ番組の会場放送を地元の方々を交えながら実施しました。

[写真7]「Light Up Nippon2014」会場でのラジオブースの様子

 第1 部は「大阪大学が学んだ野田村の復興」と題して、大阪大学大学院生未来共生2 期生5 名が番組を担当しました。学生が約1 週間かけて野田村で行ったリレーインタビューの報告を「伝統」、「食」、「歌」などの観点からそれぞれが考え学んだ野田村の復興について、イベント会場に来られた野田村の方々に報告させて頂く場となりました。

[写真8]放送中のラジオブース

[写真9]放送中のラジオブース

 第2 部は「作り手と語るのだの食―子どもキャンパス2014 レポート」と題し、未来共生履修生1 期生によって2014 年8 月8 日に企画実施された「子どもキャンパス2014:想いのつまったのだの食卓―ホタテとシイタケとおにぎりと」の活動報告と振り返りを、当日の講師であった野田村のホタテ漁師安藤正樹さんと共に行いました。野田村の小学生を対象に実施された「子どもキャンパス2014」では、野田村のホタテ漁師安藤正樹さんとシイタケ農家小野紀行さんによるホタテやシイタケの作り方や彼らの生産に対する想いをお話頂いた上で、子どもたちそれぞれがもった感想や疑問を互いに共有し深め合うことに取り組みました。日々当たり前のように思う「食」がどうやって作られているのかを知り、また素朴な疑問を探求する楽しさや大切さを学ぶ子どもたちの様子を、イベント会場に来られた地元の皆さんに伝えることができました。

 野田村サテライトセミナーでは今後も様々なコースを設け、多くの方に参加していただけるセミナーを目指します。また、サテライトに導入されたシステムを存分に活用し、サテライトでの研究・教育に参加できるシステムをさらに充実させていきます。次回は2014年9月11日です。

 

(2014年8月20日, 「未来架橋プロジェクト」班)

« 活動報告 一覧へ戻る