ホーム > 活動案内・報告 > 活動報告 > 「博士課程教育リーディングプログラムフォーラム2013」参加のご報告

活動報告

「博士課程教育リーディングプログラムフォーラム2013」参加のご報告

会場となったグランフロント大阪

 「博士課程教育リーディングプログラムフォーラム2013」(2014年1月10日~11日)が開催されました。リーディングフォーラムとは、全国24の大学の44のリーディングプログラムの履修生と教職員が一堂に会して、決められたテーマについて議論したり、それぞれのプログラムを紹介し合い、情報交換やプログラム間の交流をはかる大規模な会合です。いわば、全国のリーディングプログラムのお祭りです。昨年の第1回は東京工業大学主催で東京の有明で開かれましたが、今年の第2回は大阪大学主催で大阪梅田のグランフロント大阪で開かれました。未来共生イノベーター博士課程プログラムでも、履修生と教職員が参加いたしました。

 フォーラムは大きく分けて、リーディングプログラムの履修生が一つの分野では解決できない大きな課題について解決策を提案する「ネクストビジョナリー」、教員を中心にリーディングプログラムの間で課題別に分かれて情報交換をする「リーディングスタッフワークショップ」、各リーディングのポスターや広報物が展示されている「ポスターセッション」などがありました。それらについてご報告できればと思います。

ネクストビジョナリー

 「ネクストビジョナリー」には、「(1) 未知のデバイス」「(2) Sustainability of Resource or Infrastracture」「(3) 社会的格差・対立」「(4) Japan and / or Global, Now and Future」という4つの課題が設定されていました。

 未来共生の履修生では、大瀧千輝さん(言語文化研究科 博士前期課程1年)、坂口恵莉さん(人間科学研究科 博士前期課程1年)、久保真理さん(人間科学研究科 博士前期課程1年)が参加し、「(3) 社会的格差・対立」の議題を選択して、「未来共生社会の実現に向けてー大阪発の分野横断型社会的包摂モデル:広域避難者」と題した報告をしました。

 社会的排除の理論を援用しつつ、また、本プログラムで行ってきたフィールドワークの経験から学び、とくに広域避難者に焦点化し、いかに包摂を高度な次元で進めていくかを議論する報告でした。広域避難者の存在の「見える化」がなされることの重要性が指摘された後に、コミュニティラジオが文化的マイノリティの包摂に有効なアプローチであることを参照して、そのアプローチの適用可能性を探りました。

 「ネクストビジョナリー」はコンピティションの形をとっており、他のセクションでも大変興味深いアイデアが提案されていました。最終的には東京農工大学に所属しているリーディングプログラムの履修生グループの「持続可能な食料生産インフラの構築」と題した報告が最優秀賞を獲得しました。リーディングフォーラムでは、企業の方々からのコメント、また、全く異なる分野の先生からのコメントもあり、プログラムの履修生だけでなく、我々、教職員にとっても非常に有意義な学びの場となりました。

「未来共生社会の実現に向けてー大阪発の分野横断型社会的包摂モデル:広域避難者」についてプレゼンする履修生

最優秀賞の東京農工大学のグループの発表

リーディングスタッフワークショップ

リーディングスタッフワークショップに参加する教員

 「リーディングスタッフワークショップ」では、「教育プログラムのグローバル化」に参加いたしました。「教育プログラムのグローバル化」では、プログラム担当教員の園山大祐先生(人間科学研究科・准教授)が留学生の受け入れ、履修生の海外派遣、また英語教育についての本プログラムの取り組みについてお話されました。本プログラムでは「あるテーマについて国内レベルでもグローバルレベルでも深い知識のある、双方向性を持った人材を養成したい」とおっしゃっていました。

ポスターセッション

 ポスターセッションでは、全国のリーディングプログラムが大きなサイズのポスターを用いて、各々のプログラムについて説明していました。リーディングプログラムには、オールラウンド型、複合領域型(環境、生命健康、物質、情報、多文化共生社会、安全安心、横断的テーマ)、オンリーワン型という3つのタイプがありますが、すべて合わせて62のプログラムがポスターを掲げていました。

 我々のプログラムは複合領域型(多文化共生社会)であるため、その場所にポスターを掲示してプログラムの説明をしました。ポスター掲示の順番は、同年度に複合領域型(多文化共生社会)として採択された同志社大学の「グローバル・リソース・マネジメント」と金沢大学の「文化資源マネージャー養成プログラム」と同じ並びであり、昨年度と同じでした。1年ぶりの再会だったので、お互いのプログラムが順調に進んでいることを確認して喜び合いました。

 リーディングフォーラムでお世話になったみなさま、ありがとうございました。

賑わうポスターセッション

未来共生プログラムのポスター

(2014年1月16日, 平尾)

« 活動報告 一覧へ戻る