ホーム > 活動案内・報告 > 活動報告 > 「未来共生振り返り会」と「公共サービス・ラーニング 最終論文報告会」のご報告

活動報告

「未来共生振り返り会」と「公共サービス・ラーニング 最終論文報告会」のご報告

3月21日(金)、未来共生プログラムの1年間を考える「未来共生振り返り会」と「公共サービス・ラーニング 最終論文報告会」が行われました。

「未来共生振り返り会」

 「未来共生振り返り会」では、今年度1年間の未来共生プログラムの活動を履修生、教員、スタッフ全員で振り返りました。最初に志水宏吉先生(プログラム・コーディネーター)が挨拶をされました。「普通このような振り返り会は教員だけですることが多いです。ですが、未来共生の理念から考えると、履修生もいれてみんなでやることに意義があると思います。みんなで成果や課題を振り返りましょう」。この一年は何もない状態から手探りでプログラムが動いてきましたが、その分、いろいろな話題がありそうです。

「未来共生振り返り会」の様子

グループ毎に分かれて意見を交換

 振り返りは履修生、教員、スタッフ混合のグループごとで行いました。成果、課題、個人的なこと、公的なことの4つの軸を作り、模造紙の上にポストイットを貼って、それぞれのグループで情報を出しあいました。スタッフ側から見た観点、履修生側みた観点、教員側から見た観点、様々な観点から意見がでました。

 たとえば、「来年度中に修士論文を書き上げたい」「語学力を高めたい」「備品購入の周知方法をもう少し整備したい」「野田村サテライトでのラジオ番組作成の活動が非常に良かった」「このプログラムがなければ東北の被災地に行かなかったかもしれない。行くことができて良かった」「ザンビア・フィールドワークで学生が生き生き活動している所を見られたのが非常に印象的だった」「公共サービス・ラーニングの活動成果が素晴らしい」「もう少し本を読む時間が欲しい」「バディ制を改善したい」などなど、様々な意見が飛び交いました。

グループ毎の発表

グループ毎の発表

 その後、グループ毎で発表しあいました。最後に、星野俊也先生(プログラム責任者)が挨拶をされました。「未来共生プログラムと大阪大学の遺伝子が皆さんの中に息づいている。非常に楽しみです」とおっしゃっていました。

 

「公共サービス・ラーニング 最終論文報告会」

 「公共サービス・ラーニング」の授業は履修生一人一人が組織にインターンとして参加して、公共サービスの実際を学ぶカリキュラムです。履修生を受け入れてくださった組織は、学校、NPO団体、社会福祉協議会、区役所など、様々な団体に及んでいます。

 たとえば、大阪人権博物館「リバティ大阪」で活動した西徳宏さん(履修生1期生, 人間科学研究科)は、博物館の特別展示の際にスタッフとしてお手伝いをしたり、資料整理のお手伝いをしました。また、村上広大さん(履修生1期生, 文学研究科)は「コリア国際学園」で活動しました。授業を担当することもあったそうです。履修生は現地でそのような活動をする中で、自分の専門分野と結びつけて、論文を書き上げて今回の報告会に到りました。

 報告会では、お世話になった受け入れ先の方々といっしょに、履修生の報告を聞きました。半期の成果としての論文の報告であり、また、受け入れ先の方々もいらっしゃっていたためか、みなさんもやや緊張気味でした。履修生は自分の専門分野の先行研究をあげつつ、受け入れ先で学んだ経験を考察して、論文報告をしました。

「公共サービス・ラーニング 最終論文報告会」の様子

報告をする履修生の趙孝川さん(履修生1期生, 国際公共政策研究科)

 履修生の感想です。「ヒューライツ大阪」で活動した井坂智人さん(履修生1期生, 国際公共政策研究科)は「ヒューライツで色々なことを学びました。行かなければわからなかったことでした。ヒューライツの方々に感謝します」と言っていました。また、沓掛沙弥香さん(履修生1期生, 言語文化研究科)は「クレオに行ったことで、驚いたこともありました。しかし、自分の考えの前提自体が異なっていたこともわかりました」。みなさん、実際に現場に行くことで座学では得がたい経験をされたようです。

 受け入れ先のみなさまからも多くのコメントを頂き、非常に充実した一日でした。受け入れ先のみなさま、休日にもかかわらずお越しくださいまして、誠にありがとうございました。履修生のみなさんは本報告会で頂いた様々なコメントを受けつつ、論文の最終校正に取りかかります。論文の内容につきましては、後日、報告書などの形で仕上がる予定です。

受け入れ先(順不同)

豊中市立野畑小学校、茨木市立郡山小学校、大阪市立南小学校、北大阪朝鮮初中級学校、コリア国際学園、大阪府立門真なみはや高等学校、ヒューライツ大阪、大阪市男女いきいき財団、とよなか男女共同参画推進センター すてっぷ、FMわいわい、NPO法人 プラス・アーツ、フェアトレード雑貨 エスペーロ、リバティ大阪、豊中市社会福祉協議会、大阪市港区役所

 

 

(2014年4月10日, 平尾)

« 活動報告 一覧へ戻る